デジ速 メールマガジン バックナンバー

バックナンバー

■誰でもできる!能力開発プログラム【デジ速 メールマガジン】■ 第91号 (発行日2003/12/24)

━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━
 ■読んでいるだけでツキを呼び込む!【デジ速 メールマガジン】■
                     Vol.91  2003.12.24
       第91号「 クリスマスの夜の夢 」
       http://www.dejisoku.com/ 

━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━

  デジ速メルマガご購読ありがとうございます。

  皆様、お元気ですか?今日は、クリスマスイブですね。
  デジ速メルマガの内田です。

  一日早いですが、「メリークリスマス!」

  皆さんは、クリスマスの言葉の意味を知っていますか?

  英語の「Merry Christmas!(メリークリスマス)」の 
 “Christmas”は“Christ's mass(キリストのミサ)”を意味するよう
 です。

  また、フランス語では「Joyeux Noel!(ジョワイユー ノエル)」と
 言い、“Noel”は“誕生”を意味します。

  ドイツ語では「Frohliche Weihnachten!(フレーリッヒェ ヴァイ
 ナハテン)」と言い、“Weihnachten”は“(神が救い主を地上へ)
 贈られた夜”を意味します。

  クリスマスは多くの人が夢を見る日ですね。
 私たちも沢山の人に夢を与えられる存在になりたいものです。


  さあ、今回も最後まで、是非お付き合い下さいね。

  さて、今日のメインテーマは、「 クリスマスの夜の夢 」です。


♪♪目 次♪♪

  ■今週のメインテーマ/「 クリスマスの夜の夢 」

  ■★≪≪開発者 菊池氏から本音トーク≫≫デジ速開発こぼれ話(52)

 ■デジ速情報/第二弾「 絶対記憶」リリース!

 ※今回から、メルマガを読まれる方は
 http://www.dejisoku.com/cgi-bin/mailmg/mailmg.cgi?id=100
 にメルマガのバックナンバーがありますので、参考にして下さい。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  今週のメインテーマ/「 クリスマスの夜の夢 」
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


  いつも、メルマガをご愛読頂き、ありがとうございます。
  今日のテーマは、「 クリスマスの夜の夢 」についてです。

  今日は、クリスマスイブですね。実は、うちは昨日の夜にサンタクロ
 ースがやってきました。一日早いんじゃないかって。。

  そうなんです。子供達が、熱烈にサンタクロースを呼んだんで、フラ
 イングして、来てしまったようです。(だって、一生懸命「あわてんぼ
 のクリスマスを合唱したり、部屋を片づけて、待ち受けているんですか
 ら。。。)

  皆さんは、何歳までサンタクロースの存在を信じていたでしょうか?
 私自身は、小学校の高学年には、親父が電話で「何が欲しいんだ!」と
 聞いていたので、「な〜んだ。サンタクロースは、親父かよ。」って、
 思っていました。最近の子供達は、結構現実的で、小さい頃からあんま
 り、サンタクロースに夢を託すなんてことは、しなくなるようですね。

  なんか、それを聞くと寂しくなりませんか?

  うちの家では、子供達にサンタクロースについて、出来る限り夢を壊
 さないようにしています。その甲斐あって、まだサンタクロースの存在
 を信じてくれているようです。何歳まで続くのかは、分かりませんが。。


  私たちが大人になるにつれ、そしていろいろな経験を積むにつれ、子
 供の時には持っていた、大切なある種の感性を少しずつ失っていくよう
 です。「サンタクロースに夢を託す」なんていう感性も、本当はあまり
 失ってはいけないものの一つであるように思えてなりません。

  今日紹介しようと思っているのは、1867年「ニューヨーク・サン」紙
 に掲載された記事で、クリスマスの季節になると、アメリカでは今も多
 くの新聞に取り上げられる名文の一つです。

  ある8歳の子供が、新聞社に送った手紙とその手紙への返答が記事と
 なったものです。とってもいい話なので、読んでみて下さい。


 子供からサン紙へ>>--------------------------------------------

 編集長さんへ

  私は、8歳です。
  お友だちの中に、サンタクロースなんていないという人がいます。

  パパは、「サン」紙がいると言えば、いるし、いないといえば、
  いない」っていっています。

  おねがいです。ほんとうのことをおしえてください。

  サンタクロースは、いるのですか?

               ヴァージニア・オハロンより
------------------------------------------------------------------

 サン紙からヴァージニアへ<<------------------------------------

 ヴァージニア、それはお友だちがまちがっているよ。お友だちはなんで
 も疑ってみたい年ごろで、いろんなものが信じられなくなっているんだ。
 目に見えないものは信じられなくて、自分たちの乏しい知性で理解でき
 ないものはすべて存在しないものと決めてかかっているんだ。

 大人の知性にしても、子どもの知性にしても、人間の知性なんてしれて
 いるのにね。この大宇宙にあっては、人間なんて備わっている知性から
 いえば、虫けら、そう、アリみたいなものさ。

 人間をとりまく果てしない世界とくらべたら、すべての真理を理解し、
 あらゆる知識を持ったほんとうの知性とくらべたら、の話だよ。

 まちがいない、ヴァージニア、サンタクロースはいるんだよ。たしかに
 存在している。人を愛する心、広く大きな心、人に尽くす心があるのと
 同じようにね。こうした心がいっぱいあるから、きみの、本当にすばら
 しくて、本当に楽しい毎日もあるんだよ。

 考えてごらんよ。サンタクロースがいなかったら、この世の中はどんな
 につまらないものになってしまうかってことを。。きっとヴァージニア
 みたいな女の子が一人もいないのと同じくらいつまらないものになって
 しまうよ。

 だって、純粋になにかを信じる心がなくなってしまうんだから。そんな
 ことになったら、詩人のような心だって、ロマンチックな心だってなく
 なってしまって、この世の中もそう悪くはないな、なんて思えなくなっ
 てしまうよ。

 それに、理解できて、目に見えなければ、よろこびはなにも見出せない
 ってことになっちゃうし、子ども時代を過ごしている人がこの世を満た
 してくれている不変の光だって消えちゃんだろうね。

 サンタクロースの存在を信じないなんて!

 それじゃ、妖精の存在も信じないってことじゃないか!サンタクロース
 をつかまえたいなら、クリスマス・イブにパパに頼んで、人手を集めて
 煙突という煙突を見張ってもらうって手もないわけじゃないけれど、で
 も、見張りさんたちのだれもサンタクロースがやってくるところを見な
 かったとしても、なんの証拠にもならないだろうね。だれの目にも見え
 ないってことが、そのまま、サンタクロースがいないってことの証拠に
 なるわけじゃないんだから。。

 この世でなによりたしかに存在するものっていうのは、子どもの目にも
 大人の目にも見えないんだ。妖精が芝生の上で踊っているのを見たこと
 があるかい?ないだろうね、もちろん。でも、だからって、妖精はいな
 いってことにはならない。だれも想像したり心に浮かべたりしきれない
 けれども、それでもこの世には、見えないし、理解できなくても、ちゃ
 んと存在している不思議なものもいっぱいあるってことなんだ。

 赤ちゃんのガラガラなら、割ってみれば、なかで音を立てているものの
 正体を見ることができるよね。でも見えない世界は、世界一の力持ちが
 挑戦しても、世界一の力持ちが束になって挑戦しても、はがせないベー
 ルをかぶっているんだ。

 なにかを信じる心、想像力豊かな心、詩人のような心、人を愛する心、
 ロマンチックな心------こういった心だけが、かろうじてそのベールを
 押しやって、なかをのぞいて、むこう側にある妙なる美しさ、荘厳さを
 心の目で見ることができるんだ。そんなものが本当にあるのかって?

 あるんだよ。ヴァージニア。この世界は大きくて広いけれど、それ以外
 本当のものや不変のものはないんだから。

 サンタクロースはいないんだって!

 ありがたいことに、いるんだよ。ちゃんと。。
 それも永遠にね。

 この先、千年たっても、それどころか、千年が百回めぐってきても、
 サンタクロースはやっぱり子ども時代を過ごしている人たちの心をよろ
 こばせていると思うよ。

------------------------------------------------------------------
                 (『モラルコンパス』より引用)

 大人になるほど、目に見えるものや現実を重視しがちです。
 しかし、目には見えなけれど、大切なものは沢山あるようです。

 クリスマスを迎えるたびに、「目に見えないもの」の価値について考え
 させられるのです。

 今回は、ここまで。続きは次回。。

   次回も、お楽しみに!!

  最後までお読み頂き、ありがとうございました。


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  ★≪≪開発者 菊池氏から本音トーク≫≫デジ速開発こぼれ話(52)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

 (デジ速ニュースより抜粋)

 「デジ速ニュース」とは、デジ速ユーザー向けに菊池昭雄先生が発行
 しているメールニュースです。その一部をこちらでご紹介します。
 (※ユーザーの方は内容が重なり、申し訳ございません。)

---------------------------------------------------------------------

 ■目標達成への気持ちの持ち方のノウハウ

  目標達成への気持ちの持ち方ということで、非常に、分りやすい気持
 ちの持ち方をご紹介したいと思います。

 1) 目の前の大きな山があると思ってください。
   その山が、登りたいと思っている自分の登りたい目標の山です。

 2)その山の頂上を見つめて、自分のこころ(魂)が、もう既に、その
   山の頂上に立っている姿を思い描きます。もう既に自分は、その目
   標とする山の頂上に立って、やり遂げて喜んでいる姿を思い描きま
   す。

   喜んでいる姿が見えることが大切です。その時、自分だけが喜んで
   いるのではなく、達成したことにより、周りの人たちも一緒にそれ
   を賛美して喜んでくれている顔が見えてくることが、ポイントです。

   そして、大切なことは、山の何合目を目標に出来るだけしないこと
   です。最初から、頂上に、ターゲットを絞ります。途中を目標にす
   ると結局頂上までいけないことが多いからです。

 3)こころ(魂)は、既に、その目標とする山の頂上に立っているので、
   次は、そのこころ(魂)が、身体を引張り上げてくれる感覚で、そ
   の頂上に上って行きます。

 4)実際に登ることが出来る道は、一直線ではないかも知れません。裏
   の道を通って頂上に上るかもしれません。また、何回も螺旋状にそ
   の山道を登っていくかも知れません。

   ただ、既に目標に到達しているこころ(魂)が、自分の身体を引張
   って行ってくれるという感覚になると”どの道を通って登って来い”
   と言っているなにかの声が聴こえてくるような気がしてきます。
   (宇宙の声かも知れません。)
 
 5)頂上まで登る道に、どんな障害物立ちふさがろうとも、最初に、魂
   は、頂上に上って喜んでいる姿が思い描けている限りは、かならず、
   その魂は、その障害物に対処する方法を教えてくれ、自分の身体を
   頂上まで引き上げてくれます。これは、非常に不思議です。

 ■登る山が、自分の天性であり、天職となる

  上記の気持ちの持ち方は、非常にシンプルなのですが、本当に不思議
 なように、目標を達成してくれます。”思考は現実化する。”ナポレオ
 ンヒル、”、”あなたの人生は、あなたの思い描いた通りになる”マー
 フィ博士 の具体的な方法です。

  一番の問題は、自分の周りにたくさん聳えているどの山の登ろうか、
 山を選択することではないかと思います。どの山に登るか、心から決意
 が出来れば、結構山登りは楽しいものです。(^_^)。

  どの山に登れば良いか? デジ速では、”無我夢中”になれる山を選
 択しようと言っています。儲かる儲からないという損得の選択でも無く、
 体裁が良い悪いの外見でも無く、自分が”無我夢中”になれることが、
 判断の基準ではないかと言っています。我という我が無くなって、夢の
 中で、遮二無二自分を投入できるもの、それが、自分の天性に基づいた
 天職ではないかと考えております。それが自分のためにもなり、人のた
 めにも、なる道かと思っています。

 ■デジ速で描く夢

  デジ速では、40日間で、7ヶ国語をマスターできる語学マスターを開
 発したいと頑張っております。また、将来、発展途上国での教育の支援
 等、日本人として世界に果たすべき役割を果たしたいと一見不可能と思
 えるような人類貢献への山の頂上を目指して努力しております。


---------------------------------------------------------------------

(次号をお楽しみに)


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  デジ速情報/第二弾「 絶対記憶」リリース先行予約特典中!22日まで
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


  今回は、ず〜とお待たせしておりました、デジ速第二弾「絶対記憶」
 のリリースのお知らせです。

「絶対記憶」詳細はこちら▼▼▼
http://www.rakuten.ne.jp/gold/dejisoku/campaign/index03.htm

デジ速ユーザーの方はこちら▼▼▼
http://www.dejisoku.com/member/index.html
(IDとパスワードが必要です)

  菊池昭雄先生が、ずっと暖めてこられた記憶法です。
 開発にも時間が掛かりましたが、その分完成度の高いものになっている
 と思います。

  絶対記憶とは?どんなものか?簡単に説明します。

  「絶対記憶」は、右目からは文字(英語はアルファベット)、左目
 からは絵、耳からは、音声(速音聴)を超高速で流し、左脳と右脳の
 働きの違いを利用して、短時間で英単語や漢字の大量インプットを可
 能にします。しかも、右脳を使った記憶法ですので、記憶に定着しま
 す。

  お年寄りから、子供に至るまで利用でき、英会話などの習得を目指
 される社会人の方にも最適なツールなのです。
  
  これは、人間の右脳がイメージ力・超高速・大容量という特長をも
 っていることと、左脳が理解力・言語力という特長をもっていること
 を利用したツールです。左脳の処理が追いつかない程の超高速にする
 ことで、右脳が活性化して、働き始めます。その働きを利用して、眼
 と耳を使って記憶に定着させます。

  これは、高速な処理能力を持つパソコンの普及により、実現が可能
 となりました。是非、多くの方に利用して頂いて、楽しい人生を送っ
 て頂ければ、幸いです。

  デジ速ライフに、まだ参加されていない方は、この機会に是非参加
 しませんか?

  「脳力開発」という分野は、一見分かりにくく、見られがちですが、
 あまり、難しく考える必要はなく、本来人間が持っている最高の脳力
 を発揮させる為に、ちょっとしたトレーニングをすると考えて下さい。

  自分にも、こんな脳力があったのか?と新しい自分を発見出来ると
 思います。

「絶対記憶」詳細はこちら▼▼▼
http://www.dejisoku.com/syouhin_zettaikioku.htm

デジ速ユーザーの方はこちら▼▼▼
http://www.dejisoku.com/member/index.html
(IDとパスワードが必要です)


  今後も、為になる情報をどんどんと流していきます。
  皆様とのご縁を大切にしたいと思っています。

 是非、共に脳力開発に取り組み、グローバルな成功をしましょう。


┌───────────────────────────────♪♪♪
|■■■ 無料サンプルCDプレゼント中 ■■■〜8000名を突破!!
|デジ速を知っていただけるサンプルCDを、無料でお手元にお届けします。
|こちらからお申し込みください↓↓↓
|→ http://www.rakuten.co.jp/dejisoku/138868/
├───────────────────────────────♪♪♪
|■■■ お支払方法について ■■■
|デジ速がネット上で購入できるようになりました!
|・クレジットカード(VISA,MASTER)
|・代金引換(郵便局、佐川急便のe-コレクト)
|・郵便振替・銀行振込(後払い)
|・インターデビット(郵貯、富士銀)
|・ネットデビット(UFJ銀行)
| がご利用いただけます
|→ http://www.rakuten.co.jp/dejisoku/info2.html
└───────────────────────────────♪♪♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【ご意見・お問い合わせ】uchida@g-business.co.jp
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 マガジン名     : デジ速 メールマガジン
 発行者       :  Global Success Co.,Ltd. Copyright(C) 2001
             代 表 内田 賢
 URL       : http://www.dejisoku.com/
 感想&お問い合わせ: mailto:info@dejisoku.com
 登録の変更・解除  : http://www.dejisoku.com/
 ※このメールに掲載された記事を許可なく転載する事を禁じます。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


次のマガジンを見る

前のマガジンを見る

戻る


バックナンバー