デジ速 メールマガジン バックナンバー

バックナンバー

■誰でもできる!能力開発プログラム【デジ速 メールマガジン】■ 第83号 (発行日2003/10/11)

━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━
 ■読んでいるだけで幸せを呼び込む!【デジ速 メールマガジン】■
                     Vol.83  2003.10.11
       第83号「 心が作る壁 」
       http://www.dejisoku.com/ 

━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━

  デジ速メルマガご購読ありがとうございます。

  皆様、お元気ですか?デジ速メルマガの内田です。

  ご無沙汰しておりました。
  元気に、始めます。皆様の有効な情報をどんどん提供していきます
 ので、今後も楽しみにしてください。

  さあ、今回も最後まで、是非お付き合い下さいね。

  さて、今日のメインテーマは、「 心が作る壁 」です。


♪♪目 次♪♪

  ■今週のメインテーマ/「 心が作る壁 」

  ■★≪≪開発者 菊池氏から本音トーク≫≫デジ速開発こぼれ話(45)

  ■ブロードバンド情報/ ソフトバンク孫社長が果たした役割

  ■デジ速新情報/ 小冊子の速音聴CDの発売開始!

 ■デジ速ユーザー情報/ 新コンテンツ情報

 ※今回から、メルマガを読まれる方は
 http://www.dejisoku.com/cgi-bin/mailmg/mailmg.cgi?id=100
 にメルマガのバックナンバーがありますので、参考にして下さい。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  今週のメインテーマ/「 心が作る壁 」
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


  いつも、メルマガをご愛読頂き、ありがとうございます。
  今日のテーマは、「 心が作る壁 」についてです。

  実は、以前私は営業の仕事をやっていました。当然、毎月の実績を
 追求されていました。その時に、大変重要なことに気付いたことがあ
 ります。

  営業をやってみると分かるのですが、最初はあまり自分の中に偏見
 がないので、結構うまくいくこともあります。ところが、長く続けて
 いるとマンネリ化して、下手に安定してきてしまいます。

  ある時、私の営業でマンネリ化してしまい、実績が出ずに苦しんで
 いたところ、たまたまある実績がいつもトップクラスのセールスマン
 と一緒に動く機会が与えられました。確かに、彼がトークすると面白
 いように、物が売れていきます。しかし、不思議なことなのですが、
 彼のトークは、全く普通のものでした。普段、私がやっているのと同
 じものだったのです。すごいショックを受けたのと同時に、「なんだ
 間違っていなかったんだ。同じことをやっていても、実績は出るんだ」
 と自信を与えられたように思いました。

  次の日、いつものように営業していると不思議なことに、どんどん
 売れていくわけです。「どうしてなんだろうか?」と考えました。
 トークは、全く変えていないし、商品も同じ。。変わったこととすれ
 ば、「できるんだ」という想いぐらいしか、見あたりません。先日ま
 では、「どうせ、一日やってもこのくらいしか駄目だろう。」なんて
 想いながらやっていたわけですから。。

  その後は、不思議とずっとセールスもトップクラスになりました。

  その時、ふと気が付いたのです。
 「もしかして、実績が出なかったのは、トークや商品のせいではなく、
 「どうせ、やってもこのくらいしか、売れないだろう。」と思ってい
 たからではないかと。。

  もし、それが正しかったら、自分は自分で実績を出さないようにし
 ていたのではないか?と思うようになりました。

  実際に、このことを確かめたかったので、自分が指導する立場に、
 立った時に、実験をしてみたことがあります。確かに、数字をみてい
 ると長くやっている人ほど、同じような実績に収束しているのが、よ
 くわかりました。そこで、いつも実績が低いところで安定している人
 とかなり実績を出す人を一緒に回らせました。すると、不思議なこと
 に、必ずと言っていいほど次の日から実績が伸びるのです。確かに、
 人によって、伸び具合は様々でしたが、必ず実績が上がるようです。

  このようなことを知っていた故に、私は個人でも、チームでもいつ
 も営業は、全国トップクラスでした。


  つまり、何が言いたいかと言いますと、人間はどうやら、今までの
 様々な経験を元に、自分の心の中にこのくらいだという「心の壁」を
 作っており、その壁まで到達すると結局自分でブレーキを掛けてしま
 うようになっているということです。

  その心の壁を打ち破れることができれば、その人が持っている本来
 の能力が発揮されて、どんどん成長していくようです。ただ、重要な
 ことは、この「心が作る壁」は、なかなか自分では壊せないというこ
 とです。怖そうと力めば力むほど、堅く閉ざされてしまうようです。

  実際に、現在仕事をしていても、最初から難しいとか、無理だとか
 思っている人は多いようです。あまり、根拠のないマイナス的な思い
 込みは、その人の能力の限界を作るだけで、何も良いことありません。

  人間やろうと思えば、何だってできるのです。問題は、「心の壁」
 です。それさえ打ち破れれば、誰だって成功間違いないと思います。

  良くある成功哲学でも、「思い込む」ということで、その壁を越え
 させようとしていますが、大変無理のあるアプローチだと思います。

  デジ速では、「心の壁」を「メンタルブロック」と呼んでいます。
 「メンタルブロック」を無理なく、壊す最良の方法を、私たちはアプ
 ローチしています。

  「速音による右脳効果」+「自然音によるα波効果」により、
 メンタルブロックを柔らかくして、無理なく、潜在意識の中に、プラ
 ス思考をどんどん入れていくことができるのです。

 詳しくは▼▼
 http://www.dejisoku.com/deji_seikou.htm

  一人でも多くの方が、無理なく、「心の壁」(メンタルブロック)
 を破り、ケタ違いにその脳力を伸ばしてほしいと心から願っており
 ます。

  最後までお読み頂き、ありがとうございました。

   次回も、お楽しみに!!

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  ★≪≪開発者 菊池氏から本音トーク≫≫デジ速開発こぼれ話(45)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

 (デジ速ニュースより抜粋)

 「デジ速ニュース」とは、デジ速ユーザー向けに菊池昭雄先生が発行
 しているメールニュースです。その一部をこちらでご紹介します。
 (※ユーザーの方は内容が重なり、申し訳ございません。)

---------------------------------------------------------------------

■愛の自動販売機構想

  最近の悲しい事件のひとつとして、長崎で階段から落とされて亡くな
 った四歳の男の子の事件がありました。愛する息子を失った親の悲しみ
 は如何ばかりでしょうか?

  このような悲しいことを実行できる心の持ち主がいるということも、
 また、宇宙からみても深い悲しみであります。私の2番目の娘も、一時、
 中年の男性に誘われ、行方不明になったことがあります。その時は、警
 察がすぐに見つけてくれて、大事には至りませんでしたので、良かった
 のですが、娘の記事が全国の日経新聞(私が日本経済新聞しか取ってい
 ないので、この新聞でしか確認していません。)にも、掲載されました。

  また、最近、私の住んでいる家の近くで、お母さんが小学校5年生の
 娘を包丁で刺すという事件もありました。離婚されて、お母さんだけで
 育てていらしたようでした。精神的に目一杯だったのだと思われます。
 その子が同じ算盤教室にも来ていたので、子供達もその子のことを良く
 知っており、家族中で大変に驚きました。昔は、自分には関係のない余
 所事(よそごと)と思っていたようなことが、すべてが日常的に自分の
 周りで起っていると実感するこのごろです。

  理論編で上げている「小鳥と殺人囚との物語」は、人は愛されないと
 分らない感情の世界があることを示しています。人は、何かから、愛情
 を感じている必要があります。愛に満たされれば、悪いことも、自然に
 行えなくなっています。

 マザーテレサも、
【マザーテレサの言葉】
 ”この世の最大の不幸は、貧しさでも病気でもありません。自分が誰か
 らも必要とされないと感じることです。” 
 (1952年、「死を待つ人の家」開設の際)
  といっています。

  私は、40歳で起業する時に、愛の自動販売機構想というものを描いて
 いたことを、このような事件を身近に体験して、思い出しました。

  これは、人は喉の渇きは、自動販売機で120円(当時100円)を
 だせば渇きを癒せるけれども、元気がない時、愛が不足して、イライラ
 したりしている時、それを120円で癒してくれるものがありません。
 ハンバーガのマクドナルドは全国に3000店舗(?)以上あるようで
 すが、ちょっと入ってお腹を満たす以上に、心を満たしてくれるところ
 があったら、どれほど、多くの人が元気付けられ、犯罪が減るかと思っ
 ておりました。

  最近、デジ速のデジ速サロンは、無意識のうちにこの時に描いた思い
 と繋がっていたのだと気付きました。デジ速サロンは、まだまだ、数は
 少ないですが、ちょっと人生に疲れたとき、ふっと、立ち寄って、音あ
 るいは音声を通して、元気付けられるような場になっていければと夢見
 ております。

  今の私の事務所兼自宅は、24時間人を憩わせる空間がありませんが、
 そのような空間を作って、ちょっと立ち寄って頂き、元気になって帰っ
 てもらうことを夢見ております。音が人の心に与える良い影響を理解し
 てくださり、家に、良い音響空間も構築されて、人を迎えて上げる空間
 のある方は、ぜひ、周りの元気のない人に、エネルギーを与えてあげて
 頂きたいと思っております。経済が優先される世の中で、無償のそのよ
 うな行いがどれほど、有り難いと感謝される方が多いか分らないと思い
 ます。また、逆に喜んで頂けた方も、無上な喜びを感ずることでしょう。

  昔は、庄屋さんとか大地主がいて、本当に困ったらそこにいけば、無
 償で助けてくれたりする人情があったように聞いています。今は、その
 ような人情を発揮する町の中心になる人がいないので、お金に困ると、
 人のものに手を出したり、正直な人であればあるほど、自らの命を絶っ
 てしまったりしてしまいます。

  時間は掛かるかと思いますが、様々な壁を越えた人の心の通い合う仕
 組みが、音を通してより自然な形で出来ないかなと夢見ております。(^_^)。
 気楽にちょっと楽器を持って集まれば、子どもからお年寄りまで賑やか
 な演奏の披露の場になるような・・・^_^;。


---------------------------------------------------------------------

(次号をお楽しみに)



□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 ブロードバンド情報/ ソフトバンク孫社長が果たした役割
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

  最近ブロードバンドという言葉が、よく使われるようになりました。
 日本は、ブロードバンド化においては、実は世界でも大変送れていた
 ということをご存じでしょうか?

  実は、現在利用者の増えているADSLは、アメリカではもう何年も前
 から、利用されている技術です。弊社の顧問をして頂いている長谷川
 先生からも、インターネットのADSL化については、ダイヤルアップが
 全盛の時代から聞かされていました。

  では、何故送れたのでしょうか?

  NTTの功罪です。NTTが、ISDN等といった時代遅れのデジ
 タル回線を大々的に宣伝して、ADSL化を送らせる戦略をとったこ
 とが原因です。つまり、IP電話等の出現を怖れたNTTの戦略だっ
 たわけです。

  電話交換機の借金の返却に50年以上掛かると言われていて、IP電
 話への移行は、NTTが大変怖れていたことでした。

  このブロードバンド化に大変大きな役割を果たしたのは、実はソフ
 トバンクグループを率いている孫正義社長です。

  YahooBBも、いろいろと品質やサービスの問題で取りざたされてい
 ますが、孫社長がダークファイバーを利用して格安のブロードバンド
 サービスを始めたことが、現在の日本のブロードハンド化を早めたと
 いっても過言ではないと思います。

  当然、我が家も事務所もYahooBBのADSLとIP電話を入れています。
 最近、事務所は光に変えましたが。。個人次元では、ADSLで十分だと
 思っています。最初の頃は、繋がらない切れる、サポートも悪いとい
 うことで、私も大変抵抗がありましたが、今はかなり改善されてきて
 いるようです。

  一番驚いたのは、IP電話にすると本当に電話代が安くなりました。
 妻が、よく電話をするので、一ヶ月1万円程度は毎月出ていたのです
 が、最近は基本料金プラス2000円以内に収まっているようです。
 電話代が格安になるのは、間違いないと思います。音質も、そんなに
 落ちるわけではないようです。ただ、場所によっては途中で切れると
 ころもあります。NTTの機械との相性の問題のようです。
 その場合は、サポートにいえば別のモデムが送られてきて、解決する
 ようです。

  まだ、IP電話を利用されていない人やダイヤルアップでインター
 ネットをされている方は、是非利用されてみては如何でしょうか?

 YahooBBに関しては、こちらでも扱っています▼▼
 http://g-business.co.jp/yahoo/

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  デジ速情報/ 小冊子の速音聴化CDが好評発売中!
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

  先日、出版させて頂きました、愚者の著作 デジ速小冊子「貴方を
 成功へと導く手引書」の速音聴化CDの一般発売を開始してから、お
 陰様で御好評を頂いています。

  実は、私自身が録音しております。脳力開発にお役立て下さい。


   〜脳力開発速音聴化CD〜 
 
  皆様の脳力開発に役立てていただくために、小冊子「貴方を成功へ
 と導く手引書」を速音聴化致しました。内容は、第一部のみです。一
 倍速、二倍速、三倍速の速音聴で入っていますので、毎日聞いて頂く
 だけで、速音聴の効果が期待できます。当然、バックには自然音が入
 っており、またオーディオCDとなっておりますので、パソコンのな
 い方でもCDラジカセかポータブルCD等がありましたら、ご利用頂
 けます。

  また、CDがあれば、車の中でも通勤・通学の途中でも、お聞き頂
 き、脳力開発の一助としてお役立て頂けると考えています。 

  音声は、著書自身の生の声で収録いたしました。「一人でも多くの
 人に幸せになって もらいたい!」という著者の想いが込められており
 ます。プロのようにうまくはありませんが、本人が録音することで伝
 わるものがあると確信しております。是非、ご利用下さいませ。

 詳細はこちらから▼▼▼
 http://www.rakuten.co.jp/dejisoku/193576/


 <内 容>
 「貴方を成功へと導く手引書」〜幸福を手繰り寄せる生き方の提案〜
 (A5版 90ページ)  内田 賢 著


  一人でも多くの方が、私達の取り組みを理解して下さり、お金儲けで
 はない、本当の「脳力開発」というものに理解を深めて下さいますよう
 お祈りしております。


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  デジ速ユーザー情報/ 新コンテンツ情報
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

 ■新コンテンツ情報

  ここは、デジ速ユーザー向けの情報です。

  新しいコンテンツがホームページにアップされました▼▼
http://www.dejisoku.com/member/index.html

■モラル・コンパス―こころの羅針盤
 ウィリアム・J. ベネット (著)/柴田裕之
 出版社:実務教育出版


 第三章〜がんばりぬくということ
 ・ひとりひとりの人のために
 ・マラトンから全速力で
 ・ジンキスウォイトマヤ
 ・スフィンクス


 を新しくアップしました。ご利用下さい。
 その他にも、こちらで音声化した物を公開しております。
 皆様の脳力開発にお役立て下さい。

 ※ユーザーページにアクセスするには、IDとパスワードが必要です。
  ユーザー様は無料で利用できます。


 是非、共に脳力開発に取り組み、グローバルな成功をしましょう。


┌───────────────────────────────♪♪♪
|■■■ 無料サンプルCDプレゼント中 ■■■〜8000名を突破!!
|デジ速を知っていただけるサンプルCDを、無料でお手元にお届けします。
|こちらからお申し込みください↓↓↓
|→ http://www.rakuten.co.jp/dejisoku/138868/
├───────────────────────────────♪♪♪
|■■■ お支払方法について ■■■
|デジ速がネット上で購入できるようになりました!
|・クレジットカード(VISA,MASTER)
|・代金引換(郵便局、佐川急便のe-コレクト)
|・郵便振替・銀行振込(後払い)
|・インターデビット(郵貯、富士銀)
|・ネットデビット(UFJ銀行)
| がご利用いただけます
|→ http://www.rakuten.co.jp/dejisoku/info2.html
└───────────────────────────────♪♪♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【ご意見・お問い合わせ】uchida@g-business.co.jp
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 マガジン名     : デジ速 メールマガジン
 発行者       :  Global Success Co.,Ltd. Copyright(C) 2001
             代 表 内田 賢
 URL       : http://www.dejisoku.com/
 感想&お問い合わせ: mailto:info@dejisoku.com
 登録の変更・解除  : http://www.dejisoku.com/
 ※このメールに掲載された記事を許可なく転載する事を禁じます。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


次のマガジンを見る

前のマガジンを見る

戻る


バックナンバー