デジ速 メールマガジン バックナンバー

バックナンバー

■誰でもできる!能力開発プログラム【デジ速 メールマガジン】■ 第81号 (発行日2003/9/5)

━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━
 ■読んでいるだけで幸せを呼び込む!【デジ速 メールマガジン】■
                     Vol.81 2003.09.05

       第81号「 道を拓く 」
       http://www.dejisoku.com/ 

━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━

  デジ速メルマガご購読ありがとうございます。

  皆様、お元気ですか?デジ速メルマガの内田です。

  9月に入ってからも、まだ夏が続いているように暑い日が多いですね。
 先日、スタッフ皆んなで、大阪城に行ってきました。毎日、目と鼻の先
 に見えていながら、こちらに引っ越してきて、まだ行っていなかったの
 で、大阪城から自分たちの事務所を見たらどう見えるのだろうか?等と
 つまらないことを考えながら、一番上まで登ってきました。
  驚いたことに、外はお城ですが、中は全くのビルディング状態で、エ
 レベーターで最上階まで一気に上がることもできます。当然、エアコン
 も効き過ぎというぐらい効いていました。少し夢が崩れてしまったかも
 。。いつも、大阪城を見ながら、天下統一した秀吉のことなどを思い浮
 かべながら、この事務所がいつかは、日本の情報発信の中心になるんだ
 ぐらいの気持ちで、頑張っていましたから。(笑)

  最後まで、是非お読み下さいね。

  さて、今日のメインテーマは、「 道を拓く 」です。

 デジ速メルマガをまとめた小冊子「貴方を成功に導く手引書」を現在
 ご希望の方に無料で配布しております。残りあと100冊程度です。
 お申し込みはこちらから▼▼▼
 http://www.dejisoku.com/present/book_taikenki.htm

♪♪目 次♪♪

  ■今週のメインテーマ/「 道を拓く 」

  ■★≪≪開発者 菊池氏から本音トーク≫≫デジ速開発こぼれ話(43)

  ■デジ速サロン情報/ 大阪デジ速サロンの移転について

  ■デジ速新情報/ 小冊子の速音聴CDの発売開始!

 ■デジ速ユーザー情報/ 新コンテンツ情報

 ※今回から、メルマガを読まれる方は
 http://www.dejisoku.com/cgi-bin/mailmg/mailmg.cgi?id=100
 にメルマガのバックナンバーがありますので、参考にして下さい。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  今週のメインテーマ/「 道を拓く 」
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


  いつも、メルマガをご愛読頂き、ありがとうございます。
  今日のテーマは、「 道を拓く 」についてです。」

  会社を創業して、4周年を迎えました。本当に多くの方々に支えられ
 て、ここまでくることができました。自分一人の力では到底無理だった
 と振り返ってみてしみじみと実感しています。苦労も無かったわけでは
 ありませんが、それよりも楽しかったことの方が良く覚えています。

  この4年間で得たものが何かと考えますとやはり、「人間考え一つで
 何もかも周りの状況は大きく変わっていく」ということだと思います。
 このことは、小冊子にも触れていますが、世の中には大変うまくいく
 人と、いろいろと難しいことを抱え込んでいく人といるようです。
  その違いは、才能や能力、運といったもので左右されるわけではなく、
 考え方一つで、決定しているということが分かったのです。

  多くの方は、「そんな簡単なことで大きく状況がかわるわけないよ」
 と考えるでしょう。無理のない話です。そんな簡単なことで、人生が成
 功不成功が決まるなんて、そうたやすく受け入れられる訳はないですよ
 ね。私も、数年前までそうでしたから、皆様の気持ちもよく分かります。


  しかし、これは ”事 実 ” です。


  では、このようなにわかに信じにくい事実を受け入れていく方法に
 ついて、今日は説明しましょう。

  いきなり、大きなものをイメージして実現させていくのは、大変です
 ので、小さな成功体験を積み重ねていきながら、より大きな成功体験へ
 と移行するのが、もっとも近道だと思います。

  では、具体的にどうするかというと
  まず、考え方を変えることで、実際に返られる者から始めるというこ
 とです。どんな大きな山を登るのも、まず第一歩からですから。

  例えば、「これをやった方がよいなあ」と以前から思っていながら
 なかなか手が付けられていないことってありますよね。そういうこと
 をある期間かけて、一つ一つ実現していくというのは、成功体験をも
 って行くという意味では、一番近道かもしれません。

  または、普段からやりたいなあと思っていながら、実現できなかっ
 たことで、とりあえず行動さえすればできることをことごとくやって
 しまうとか。。

  目の前のその辺りで、詰まっていては大きな夢は実現しません。

  まず、その辺りから道を切り拓いていきませんか?すると”あれっ”
 て、思うことがいろいろと身の回りに起こってきますよ。必ず。。

  考えを現実化するという訓練を積み重ねていけば、いつの間にか
 少しずつ大きな夢が実現できそうな気持ちになってきます。
 そうなれば、占めたものです。後は、潜在意識を使って実現させて
 いくだけです。

  さあ、やってみましょう。そして、何か起こったら、是非報告して
 下さい。そうして、一緒に大きな夢を実現していきましょう。

  一人でも多くの方とご縁が持てますように、祈願致します。

  最後までお読み頂き、ありがとうございました。

   次回も、お楽しみに!!

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  ★≪≪開発者 菊池氏から本音トーク≫≫デジ速開発こぼれ話(43)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

 (デジ速ニュースより抜粋)

 「デジ速ニュース」とは、デジ速ユーザー向けに菊池昭雄先生が発行
 しているメールニュースです。その一部をこちらでご紹介します。
 (※ユーザーの方は内容が重なり、申し訳ございません。)

---------------------------------------------------------------------

■深く思考し続け、頭の中で出来上がった構想は、必ず現実化する。

  ドッキとする話はここからです。^_^;。思考は本当に現実化するか?
 と疑問に思っている方に、ここまで、構想が形になれば、必ず出来るだ
 ろうと思わせる話でもありますし、私は、この話からここまで、思考の
 エネルギーで、構想すれば、”深く思考し続け、頭の中で出来上がった
 構想は、必ず現実化する。”のだと実行している次第です。

  ベンチャー会社に勤めているとき、協力会社の部長さんとご一緒に仕
 事をさせて頂きました。その方は、開発者としても、また、人格的にも、
 素晴らしい方でした。台湾でACERでパソコンの開発に従事もされて
 いたのですが、その責任感で、頭に禿げが出来て、マジックで黒く塗っ
 て仕事もしたことがあるほど、ひとつのことに、責任を持ち、集中され
 る方でした。

  また、大学では山岳部の部長さんだったということで、その思い出の
 話を聞く機会がありました。副部長かどなたかと2人だけで、山に登る
 時があったということでした。その途中、水が残り少なくなり(その原
 因は覚えていませんが)、二人で飲み続けると目的地までつけないよう
 な状況だったようです。そこで、副部長の方が疲れているようなので、
 自分は我慢しようと思い、交代で水筒は口に付けるのですが、付ける真
 似だけで、実際は、一滴も飲まなかったということです。そのうち無事
 に、雪の塊の見つけて、それを溶かして水にして事なきを得たというこ
 とでした。
  無事、下山して別れ際に、副部長が、部長にこう言ったそうです。
 ”部長が、実際は飲んでいないのは知っていた。でも、疲れていたので、
 甘えて飲ませてもらった。ありがとう。”と言ったというのです。

  何と、感動的な話でしょうか。

  やっとここからが本番です。

  そのような気持ちを持っている部長さんが、部員を連れて、冬登山を
 しているときのことです。命綱を付けて、尾根を歩いているときに、部
 員の1人が滑って落ち始めました。引きずられて一人落ち、二人落ちて
 行き、何と、最後の守りであるトップの部長さんのところまで、来てし
 まいました。部長も一緒に滑って落ちようとした時のことです。ななな
 んと、雪の中から、片腕が出て来て、部長の足をがちっと握り締め、全
 員が落ちようとしたのを、止めたというのです。全員が助かったと思っ
 て、雪の上を見ると、もう助けてくれたその手はもうなかったというこ
 とでした。

  これは、夏の怖い話で私は書いているのではありません。頭に描いて
 いる願望は、具体的な形になるのだという例として、挙げています。

 ”求めよ。さらば、与えられん。探せ、そうすれば見出すであろう。”

 と聖書にありますが、頭に描いて求めた願望は、この地上で具体的な形
 となって、実現するという強烈な体験談として、私は大切にしています。


  このときの手の願望は、
 ”この部長さんを初めとして、部員を助けたい”という誰かの願望が、
 具体的な手となって、助けたのだと私は思っています。

  これくらい求めれば、必ず、自分の構想は実現します。私は、構想を
 練るときは、その構想が、この手のように、具体的に、何もないところ
 から、実体的に現れてくるくらいのエネルギーを入れて、魂をいれて、
 情熱を入れて、考えます。

 そこまで考えることの出来る構想は、必ず、実現します。
 
  この宇宙は、本当に、親みたいな存在です。赤ちゃんがミルクを求め
 て、”オギャー”と泣いている時、誰か、無視することが出来るでしょ
 うか? 赤ちゃんがミルクを求めるような気持ちで、この宇宙に対して、
 思考して願い求めれば、それは、宇宙が支援し、助けてくれるというの
 です。

  超人的な結果を残している人は、皆そのような感じで、宇宙に対して
 求めて来たのではないかと思います。自分は何を求めているかをはっき
 りしないと、宇宙は与えて上げることも出来ません。

  ミルクを求めているのに、ステーキを与えても、喜べないので、何を
 求めているかはっきりしないと宇宙は与えることが、出来ないというの
 です。それが、具体的な人生の目標を決めるということで、あります。
  まず、甘えて与えら、その後恩返しをすれば良いと思います。
 求めよ。さらば与えられん。”深く思考し続け、頭の中で出来上がった
 構想は、必ず現実化する。”マーフィ博士も、突き詰めれば、結局は、
 この一点だけをおっしゃっているのだと思います。

  皆さんのトータルライフの構想が、実現しますように、祈念いたして
 おります。


---------------------------------------------------------------------

(次号をお楽しみに)



□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  デジ速移転情報/ グローバルビジネスの事務所が移転
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

 ●グローバルビジネス事務所の移転情報

  8月11日(月)より事務所が移転しております。
  連絡の際は、下記連絡先までお願いします。

 移転先の住所は、

 〒540-0007 大阪市中央区馬場町1-8
       メゾン・ド・ヴィレ大阪城公園前801
 TEL:06-4790-3643 FAX:06-4790-3644
http://www.dejisoku.com/salon.htm


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  デジ速新情報/ 小冊子の速音聴化CDが好評発売中!
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

  先日、出版させて頂きました、愚者の著作 デジ速小冊子「貴方を
 成功へと導く手引書」の速音聴化CDの一般発売を開始してから、お
 陰様で御好評を頂いています。

  実は、私自身が録音しております。脳力開発にお役立て下さい。


   〜脳力開発速音聴化CD〜 
 
  皆様の脳力開発に役立てていただくために、小冊子「貴方を成功へ
 と導く手引書」を速音聴化致しました。内容は、第一部のみです。一
 倍速、二倍速、三倍速の速音聴で入っていますので、毎日聞いて頂く
 だけで、速音聴の効果が期待できます。当然、バックには自然音が入
 っており、またオーディオCDとなっておりますので、パソコンのな
 い方でもCDラジカセかポータブルCD等がありましたら、ご利用頂
 けます。

  また、CDがあれば、車の中でも通勤・通学の途中でも、お聞き頂
 き、脳力開発の一助としてお役立て頂けると考えています。 

  音声は、著書自身の生の声で収録いたしました。「一人でも多くの
 人に幸せになって もらいたい!」という著者の想いが込められており
 ます。プロのようにうまくはありませんが、本人が録音することで伝
 わるものがあると確信しております。是非、ご利用下さいませ。

 詳細はこちらから▼▼▼
 http://www.rakuten.co.jp/dejisoku/193576/


 <内 容>
 「貴方を成功へと導く手引書」〜幸福を手繰り寄せる生き方の提案〜
 (A5版 90ページ)  内田 賢 著


 第1部 貴方を成功へ導く手引書

  第1章 潜在能力が目覚める瞬間
   1. 脳力開発の可能性
   2. 二十一世紀の教育は、右脳(潜在意識)を
     主体とした全脳教育
   3. 潜在能力が目覚める瞬間
   4. メンタルブロックを打ち破る
   5. EQ開発の重要性

  第2章 幸せになるための思考パターン
   1. 思考は私たちのソフトウェア
   2. 肯定的な生き方の素
   3. イチローに見る成功の法則
   4. 本当の自分
   5. 時間こそが「宝」


 第2部 「デジ速」体験談

  第1章 私の体験談 ― IQ編 ―
   1. ―TOEIC 400点から、一気に600点へ―
   2. 超難関大学に合格(大学生 男性)
   3. CNNの英語が分かるようになった
   4. 大阪・優塾で検証された目覚ましい高速学習効果
   5. =優塾オリジナル教材とその効果について=

  第2章 私の体験談 ― EQ編 ―
   1. デジ速の素晴らしさを家族で実感!
   2. デジ速効果で気持ち良く原稿が書けました!
   3. 子供と遊んでも以前と比べて感動が多くなった
     気がします
   4. デジ速で生活に様々な変化が・・・
   5. 会議で相手の本質が見抜けるようになった!
   6. 「人生の達人」を目指して頑張るぞ!
   7. デジ速は鬼に金棒・・・・前とは別人の様に
     変わったね!!
   8. 潜在意識の導き
   9. デジ速にハマっています・・
   10. デジ速ライフで特許・・・?
   11. デジ速ライフで伝説的営業成績が・・・!
   12. デジ速で人生激変!・・・楽しめて収益増加!
   13. ある子供英会話教室の講師から

  第3章 デジ速体験記
   1. 理論編 学習計画表より
   2. 基礎編 学習計画表より
   3. 応用編 学習計画表より

  一人でも多くの方が、私達の取り組みを理解して下さり、お金儲けで
 はない、本当の「脳力開発」というものに理解を深めて下さいますよう
 お祈りしております。


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  デジ速ユーザー情報/ 新コンテンツ情報
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

 ■新コンテンツ情報

  ここは、デジ速ユーザー向けの情報です。

  新しいコンテンツがホームページにアップされました▼▼
http://www.dejisoku.com/member/index.html

■モラル・コンパス―こころの羅針盤
 ウィリアム・J. ベネット (著)/柴田裕之
 出版社:実務教育出版


 第三章〜がんばりぬくということ
 ・銀の盾の騎士
 ・羊飼いの少年ハンス
 ・リンカーン、ならず者をやっつける

 を新しくアップしました。ご利用下さい。

 ※ユーザーページにアクセスするには、IDとパスワードが必要です。
  ユーザー様は無料で利用できます。



 是非、共に脳力開発に取り組み、グローバルな成功をしましょう。


┌───────────────────────────────♪♪♪
|■■■ 無料サンプルCDプレゼント中 ■■■〜5000名を突破!!
|デジ速を知っていただけるサンプルCDを、無料でお手元にお届けします。
|こちらからお申し込みください↓↓↓
|→ http://www.rakuten.co.jp/dejisoku/138868/
├───────────────────────────────♪♪♪
|■■■ お支払方法について ■■■
|デジ速がネット上で購入できるようになりました!
|・クレジットカード(VISA,MASTER)
|・代金引換(郵便局、佐川急便のe-コレクト)
|・郵便振替・銀行振込(後払い)
|・インターデビット(郵貯、富士銀)
|・ネットデビット(UFJ銀行)
| がご利用いただけます
|→ http://www.rakuten.co.jp/dejisoku/info2.html
└───────────────────────────────♪♪♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【ご意見・お問い合わせ】uchida@g-business.co.jp
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 マガジン名     : デジ速 メールマガジン
 発行者       :  Global Success Co.,Ltd. Copyright(C) 2001
             代 表 内田 賢
 URL       : http://www.dejisoku.com/
 感想&お問い合わせ: mailto:info@dejisoku.com
 登録の変更・解除  : http://www.dejisoku.com/
 ※このメールに掲載された記事を許可なく転載する事を禁じます。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


次のマガジンを見る

前のマガジンを見る

戻る


バックナンバー