デジ速 メールマガジン バックナンバー

バックナンバー

■誰でもできる!能力開発プログラム【デジ速 メールマガジン】■ 第77号 (発行日2003/7/29)

━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━
 ■読んでいるだけで幸せを呼び込む!【デジ速 メールマガジン】■
                     Vol.77 2003.07.29

       第77号「 EQとIQについて 」
       http://www.dejisoku.com/ 

━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━

  デジ速メルマガご購読ありがとうございます。

  皆様、お元気ですか?デジ速メルマガの内田です。

  先日、地域の子供会で、オートキャンプへ行って来ました。
 テントで寝るのも、学生時代以来でしたので、子供以上に私自身も童
 心に帰って楽しむことができました。

  あまりに、近代化された中での生活に慣れてしまっていますが、時
 には、原始的な生活の中で自然と共に過ごしてみる時間もなかなか良
 いものですよ。身体の細胞がリフレッシュされます。


  さて、今日のメインテーマは、「 EQとIQについて 」です。

デジ速メルマガをまとめた小冊子「貴方を成功に導く手引書」を現在ご希
望の方に無料で配布しております。お申し込みはこちら▼▼▼
http://www.dejisoku.com/present/book_taikenki.htm

♪♪目 次♪♪

  ■今週のメインテーマ/「 EQとIQについて 」

  ■★≪≪開発者 菊池氏から本音トーク≫≫デジ速開発こぼれ話(39)

  ■デジ速ユーザー情報/ 新コンテンツ情報

  ■デジ速新情報/ 小冊子の速音聴CDの発売開始!

 ■デジ速メルマガ情報/ デジ速メルマガ小冊子無料配布!!

 ※今回から、メルマガを読まれる方は
 http://www.dejisoku.com/cgi-bin/mailmg/mailmg.cgi?id=100
 にメルマガのバックナンバーがありますので、参考にして下さい。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  今週のメインテーマ/「 EQとIQについて 」
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


  いつも、メルマガをご愛読頂き、ありがとうございます。
  今日のテーマは、「 EQとIQについて 」についてです。」

  皆様は、”EQ”という言葉を聞いたことがありますか?

  EQとは、一般的に心の知能指数(EQ:Emotional Quotient)と呼ば
 れるものです。一方かつて良く能力の比較に使われた”IQ”は、単に
 知能指数(IQ:Intelligent Quotientと呼ばれています。)

  脳力開発の仕事に携わっていますと多くの方が、IQ的な効果を期待
 されていると言うことが大変良く分かります。確かに、目に見える実績
 として、点数が何点上がったとか、記憶力が伸びたとかというのは、自
 己満足的な次元では、分かり易く、成長している実感があると思います。

  ただ、本当に幸福な人生を歩み、成功したいと考えれば、IQだけを
 伸ばしても、実はあまり効果がないということが分かってきました。


 そのことを実際に示した事実を如何に引用します。

 野村総合研究所HPより引用---------------------------------------

 ●優れた人の行動特性をモデル化
  1970年代、アメリカのマクレランド教授らの研究により「高い業績
 を残すことができる人には、共通の行動特性(コンピテンシー)があ
 る」ということが判明しました。その後、ビジネス向けの研究がすす
 められ、職務に応じて高い業績や結果を残す人のコンピテンシーをパ
 ターン化したコンピテンシー・モデルがつくられるようになりました。

  従来、人事評価や育成の際には、能力や職務、業績(結果)に視点
 をあててきました。しかし、高い結果を継続的に残すためには、仕事
 のプロセスも重要だと認識され始め、コンピテンシーの視点が注目さ
 れるようになりました。現在では、コンピテンシー・モデルと個人の
 行動実態を比較し、その結果を評価や人材育成に活用する企業が増え
 つつあります。

 ●採用や人材配置でも活用
  コンピテンシーには顕在化した行動を観察する点から、判断基準が
 明確でわかりやすいという特徴もあります。そのため、コンピテンシ
 ーの視点は人材の評価や育成のみならず、採用や人材配置などにも用
 いられるようになってきています。
  人事全般に汎用性の高いコンピテンシーに関してですが、コンピテ
 ンシー・モデルどおりの行動特性であっても、個人に依存しない外的
 な要因によって、優れた結果を残せない場合もあります。そのためコ
 ンピテンシーは短期的な評価よりも、中長期的な成果を生み出すため
 の人材育成ツールとして活用するのがふさわしいといえます。

--------------------------------------------------------------------


 ちょっと難しい話になっていますが、分かり易く解説すると

 「高業績を継続的に残す人」つまり、本当に企業や社会にとって有益
 な人であるかどうかは、結果としての数字だけみても判断できないわ
 けで、その判断の基準として注目されてきたのが、行動特性(コンピ
 テンシー)と呼ばれるものだということです。

 次に、コンピテンシーとEQとの関連について書いたものがありまし
 たので、引用させて頂きます。

 以下埼玉総合研究所メルマガより引用--------------------------------

 ●コンピテンシーと心の知能指数の関係
  仕事だけでなく、人生でも成功できるかどうかを決めるのは心の知
 能指数(EQ)なのです。人の真の能力は、知能指数(IQ)だけでは分
 かりません。能力の差は何でつくかといいますと、「自制」、「忍耐」、
 「意欲」、「冷静さ」、「素直さ」、「思いやりなど多くの心の知能
 指数(EQ)がものを言うのです。

  心の知能指数(EQ)が高業績の75%以上に貢献していることは、
 多くの学者により証明されています。読者の皆様も心当たりがあると
 思います。いくら博学の知識人でも対人関係がまったく苦手で、気働
 き、思いやり、自己コントロールなどの感情知能の低い人は結構いる
 ものです。このような人は、部下、同僚、他部署の人、取引先の人と
 うまくいくはずもなく、ましてやリーダーシップの発揮は望むべくも
 ないのです。

  感情コンピテンシーは、「個人的コンピテンシー」と「社会的コンピ
 テンシー」の2つからなり、「個人的コンピテンシー」は、「自己認
 識」、「自己統制」、「モチベーション」から形成されます。

  「社会的コンピテンシー」は、「共感性」と「社会的スキル」から形
 成されます。「個人的コンピテンシー」が確立していなければ「社会的
 コンピテンシー」には到達できません。まず「個人的コンピテンシー」
 のチェックから入る必要があるということです。そうしなければ、相
 手からいい反応を引き出すことができないからです。才知よりも信頼
 が対人関係を強いものにし、多くの人々から共感と協力が得られ、高
 業績に貢献するのです。

---------------------------------------------------------------------

  ということは、「高業績を継続的に上げることのできる能力」は、
 IQではなく、EQとの関係が深いということができるのです。

  ただ、EQを伸ばすということは実は容易なことではありません。
 つまり、成功哲学の第ゼロ章が必要だということになるわけです。

  デジ速理論では、菊池先生はEQ開発のツールとして、「脳力全開」
 (現在販売中のもの)が位置づけられています。しかし、これで終わ
 るわけではありません。そのEQ開発の土台の上に、IQ開発がのる
 ようになっています。その為のツールとして、今年中にリリース予定
 の「絶対記憶」と「デジタル速文読」というツールになります。

  特許の関係もあり、あまり詳しく内容までは突っ込んで話はできま
 せんが、デジ速理論の深みは、その他の脳力開発のツールや単なる速
 聴ソフト、速聴機とは一線を期したものなのです。

  まずは、EQ開発です。EQ開発無しのIQ開発や記憶法はどうし
 ても限界があります。無理があるのです。自然の理に適った記憶や能
 力は、留まるところがありません。砂漠に水が吸い込まれる如く、ど
 んどん吸収していくのです。

  無理のない脳力開発こそが、本当に人を幸せに導くものであると思
 いませんか?是非、本物と偽物を見抜いてくださいますようにお願い
 します。


  最後までお読み頂き、ありがとうございました。

   次回も、お楽しみに!!

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  ★≪≪開発者 菊池氏から本音トーク≫≫デジ速開発こぼれ話(39)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

 (デジ速ニュースより抜粋)

 「デジ速ニュース」とは、デジ速ユーザー向けに菊池昭雄先生が発行
 しているメールニュースです。その一部をこちらでご紹介します。
 (※ユーザーの方は内容が重なり、申し訳ございません。)

---------------------------------------------------------------------

■”絶対記憶”のソフトを年内に出します
 
  皆様のお陰に拠りまして、昨年はデジ速の基点となる”ケタ違いの
 脳力開発「デジタル速音聴」”の本を出版することが出来ました。今
 年は、今まで以上に、デジ速技術(天音教育法)で、お役に立って参
 りたいと考えております。

  ”絶対記憶”と言う次のステップの商品も年内にリリースする予定
 です。単なる速聴と違うデジ速の流れを示せる時がやっと来たと感じ
 ております。
 
  絶対記憶とは、デジ速の再誕生プログラムの40日の4ステップ目
 に位置するものです。以前から、40日間7ヶ国語語学マスターとい
 っている土台となるソフトのことです。
  最初のサンプルは、2年前に出来たのですが、今まで、デジ速「脳
 力全開」を立ち上げるだけで、精一杯で、手が付けられない状態でし
 た。今年は、やっと、それが、すこしづつ、形に出来るときが来たと
 いう強い波動を感じております。

ステップ    1   2   3   4   5   6   7
胎児 280日= 40日 40日 40日 40日 40日 40日 40日
幼児 7歳  = 1歳  2歳  3歳  4歳  5歳  6歳  7歳
私  ?歳  = 40日 40日 40日 40日 40日 40日 40日
               ---------------->--------------------------->
              EQ          IQ
        「脳力全開」        「絶対記憶」

  デジタルの支援を受けた自然との共存文化(デジ速文化)の樹を、
 美しく実らせるように努力したいと決意しておりますので、本年も宣
 しくお願い申しあげます。

  皆様に於かれましても、引き続いて、楽しくデジ速ライフを続けて
 くださり昨年以上の脳力(愛情、人生)全開され、グローバルな成功
 を勝ち取られますように、祈念致しております。


---------------------------------------------------------------------

(次号をお楽しみに)


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  デジ速ユーザー情報/ 新コンテンツ情報
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

■新コンテンツ情報

  デジ速ユーザー向けの情報です。

  新しいコンテンツがホームページにアップされました。

 1.貴方を成功へと導く手引書  

  「一人でも多くの人に幸せになってもらいたい!」それが、私達が
 脳力開発という仕事を始めた出発点です。その原点に返って、今まで
 のデジ速メールマガジンの内容を中心に、皆様から問い合わせが多か
 った「デジ速ユーザーの体験談」を加えて、1冊の本に仕上げました。
 今まで頂いていた様々な疑問に答えることのできる、1冊になっており
 ます。これを読めば 「ああ、そうだったのか! 」と納得してもらえ
 る、脳力開発体験談の決定版です。
 
 2.いま、修身を読む

  昔の人たちは、地域ぐるみで子どもを育てた。子どもはみんなの宝
 である。「修身書」には、「いいものはいい」「悪いものは悪い」、
 誰もがそう言える元気がある。「修身書」を21世紀風に読む。

 日々のデジ速ライフにご活用下さい。

 ※ユーザーページにアクセスするには、IDとパスワードが必要です。

 是非、共に脳力開発に取り組み、グローバルな成功をしましょう。。


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  デジ速新情報/ 小冊子の速音聴化CDがいよいよ発売開始!
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

  デジ速小冊子「貴方を成功へと導く手引書」の速音聴化CDの一般
 発売を開始しました。実は、私自身が録音しております。脳力開発に
 お役立て下さい。


   〜脳力開発速音聴化CD〜 
 
  皆様の脳力開発に役立てていただくために、小冊子「貴方を成功へ
 と導く手引書」を速音聴化致しました。内容は、第一部のみです。一
 倍速、二倍速、三倍速の速音聴で入っていますので、毎日聞いて頂く
 だけで、速音聴の効果が期待できます。当然、バックには自然音が入
 っており、またオーディオCDとなっておりますので、パソコンのな
 い方でもCDラジカセかポータブルCD等がありましたら、ご利用頂
 けます。

  また、CDがあれば、車の中でも通勤・通学の途中でも、お聞き頂
 き、脳力開発の一助としてお役立て頂けると考えています。 

  音声は、著書自身の生の声で収録いたしました。「一人でも多くの
 人に幸せになって もらいたい!」という著者の想いが込められており
 ます。プロのようにうまくはありませんが、本人が録音することで伝
 わるものがあると確信しております。是非、ご利用下さいませ。

詳細はこちらから▼▼▼
http://www.rakuten.co.jp/dejisoku/193576/


<内 容>
「貴方を成功へと導く手引書」 〜幸福を手繰り寄せる生き方の提案〜
(A5版 90ページ)  内田 賢 著


第1部 貴方を成功へ導く手引書

  第1章 潜在能力が目覚める瞬間
   1. 脳力開発の可能性
   2. 二十一世紀の教育は、右脳(潜在意識)を
     主体とした全脳教育
   3. 潜在能力が目覚める瞬間
   4. メンタルブロックを打ち破る
   5. EQ開発の重要性

  第2章 幸せになるための思考パターン
   1. 思考は私たちのソフトウェア
   2. 肯定的な生き方の素
   3. イチローに見る成功の法則
   4. 本当の自分
   5. 時間こそが「宝」


第2部 「デジ速」体験談

  第1章 私の体験談 ― IQ編 ―
   1. ―TOEIC 400点から、一気に600点へ―
   2. 超難関大学に合格(大学生 男性)
   3. CNNの英語が分かるようになった
   4. 大阪・優塾で検証された目覚ましい高速学習効果
   5. =優塾オリジナル教材とその効果について=

  第2章 私の体験談 ― EQ編 ―
   1. デジ速の素晴らしさを家族で実感!
   2. デジ速効果で気持ち良く原稿が書けました!
   3. 子供と遊んでも以前と比べて感動が多くなった
     気がします
   4. デジ速で生活に様々な変化が・・・
   5. 会議で相手の本質が見抜けるようになった!
   6. 「人生の達人」を目指して頑張るぞ!
   7. デジ速は鬼に金棒・・・・前とは別人の様に
     変わったね!!
   8. 潜在意識の導き
   9. デジ速にハマっています・・
   10. デジ速ライフで特許・・・?
   11. デジ速ライフで伝説的営業成績が・・・!
   12. デジ速で人生激変!・・・楽しめて収益増加!
   13. ある子供英会話教室の講師から

  第3章 デジ速体験記
   1. 理論編 学習計画表より
   2. 基礎編 学習計画表より
   3. 応用編 学習計画表より

  一人でも多くの方が、私達の取り組みを理解して下さり、お金儲けで
 はない、本当の「脳力開発」というものに理解を深めて下さいますよう
 お祈りしております。


┌───────────────────────────────♪♪♪
|■■■ 無料サンプルCDプレゼント中 ■■■〜5000名を突破!!
|デジ速を知っていただけるサンプルCDを、無料でお手元にお届けします。
|こちらからお申し込みください↓↓↓
|→ http://www.rakuten.co.jp/dejisoku/138868/
├───────────────────────────────♪♪♪
|■■■ お支払方法について ■■■
|デジ速がネット上で購入できるようになりました!
|・クレジットカード(VISA,MASTER)
|・代金引換(郵便局、佐川急便のe-コレクト)
|・郵便振替・銀行振込(後払い)
|・インターデビット(郵貯、富士銀)
|・ネットデビット(UFJ銀行)
| がご利用いただけます
|→ http://www.rakuten.co.jp/dejisoku/info2.html
└───────────────────────────────♪♪♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【ご意見・お問い合わせ】uchida@g-business.co.jp
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 マガジン名     : デジ速 メールマガジン
 発行者       :  Global Success Co.,Ltd. Copyright(C) 2001
             代 表 内田 賢
 URL       : http://www.dejisoku.com/
 感想&お問い合わせ: mailto:info@dejisoku.com
 登録の変更・解除  : http://www.dejisoku.com/
 ※このメールに掲載された記事を許可なく転載する事を禁じます。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


次のマガジンを見る

前のマガジンを見る

戻る


バックナンバー